We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

正丸峠を走る

日曜日の転倒の怪我もほぼ完治し懲りずに今日も自転車で走りに行ってきました。
西東京から所沢、飯能を経由して2時間程のところにある
正丸峠、山伏峠、天目指(あまめさす)峠を回ってきました。
デジカメのメモリカードを忘れてしまい写真は携帯でしか撮れなかったので
しょぼさ満点です、そのかわりじっくり走れたから良しとしよう。

飯能まで

東村山から所沢街道に出てから国道463号、国道299号を使って
入間、狭山を抜けて飯能に到着しました。

正丸峠

途中で休みながら平行して走る西武池袋線西武秩父線の駅を通過しながら
正丸トンネルまで行きます。
まっすぐ行くと横瀬、秩父ですが今回はトンネル手前の信号で右折して
正丸峠に入ります。


国道からちょっと走って行くと正丸峠(左)と刈場坂峠(右)の分岐に。
刈場坂峠の方にいくと奥武蔵グリーンラインというヒルクライム
楽しめそう(苦しめそう)な場所があるようです。
今度、道を確かめて行ってみようかな。


正丸トンネルまでの緩い坂道がボディーブローのように効いてきて
正丸峠はインナーローでえっちらおっちら登って頂上まで行きました。
眺めは最高でデジカメを忘れたのがちょっと悔しい風景でした。

山伏峠

正丸峠をそのまま下って埼玉県道53号にでて山伏峠を越えて天目指峠を目指します。
山伏峠はちょっと登って天目指峠の交差点までずっと下りっぱなしでした。
反対側からヒルクライムをしているローディ達とかなりすれ違いました。
今回のコースはダウンヒルが多めなコースだったようで今度は
逆側から挑戦したるか(気合いだけ

天目指峠

山伏峠を下って埼玉県道395線で天目指峠を越えて国道299号まで出ました。
ここもほぼインナーローでシッティングとダンシングを織り交ぜながら
えっちらおっちら登ってきました。
峠のお約束で道路に水が流れていて不用意にダンシングすると
後輪がスリップするのがヒヤヒヤしました。
頂上からは木々の間から秩父の山々の素晴らしい眺めが見えたのですが
携帯カメラだと木しか写ってませんね。



天目指峠を下りきったところで開けた山からの青空と清流がありました。

復路

国道299号に出たらあとは来た道をひたすら戻って東京に戻りました。
走行距離は約118Kmで大垂水、和田峠を回る時と同じくらいで
思ったよりも短めで、朝8時半頃に出発しましたが
全然明るい15時半頃の帰宅となりました。
逆回りだと上りがきつそうなので1、2時間程増えそうですが
定番コースとして使ってみるのもいいかな。

データ

走行距離:120.35 Km
走行時間:5 時間 16 分 32 秒
平均速度:22.8 Km/h

追記(2008.10.18)

訪問地を地図にマッピングしました。
にわか自転車乗りのぺいじ:サイクリング訪問マップ