読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

いわて未知の駅巡り2016春

旅行

未知の道の駅を求めて錦秋湖を越えて岩手沿岸部ドライブへ向かう。

道の駅錦秋湖でトイレ休憩。9時前なので駐車場も閑散としていた。

天気予報は曇だが時たま小雨混じりになる空模様に沿岸部は前日までの予報通り晴れていてくれと願いながら東へ向かう。

立川目から県道で花巻を抜けて国道283号釜石街道を走って道の駅とうわに到着。

釜石街道を東に進み道の駅みやもりに到着。

道の駅の写真を撮り忘れたがメインは釜石線のめがね橋。

同行の自称・遠野案内人は橋の下にある石は男根を祭ったものではないかと言う。

国道283号を更に東へ向かい道の駅遠野風の丘へ。日曜ということもあってかなり繁盛していた。

飯を食べてから遠野三山のひとつ六角牛山(ろっこうしさん)を眺める。

釜石仙人峠道路を抜けて道の駅釜石仙人峠へ到着。

入り口と丸いランプが交番っぽいなどと思う。

事前の予定には無かったけれど自称・遠野案内人の提案で釜石大観音へ向かう。

田沢湖金色大観音、仙台大観音に続き3つ目の大観音ですが像も像内の雰囲気もロケーションも3つの中で一番良かったと思う。

大きい観音様像で穏やか表情していたのが好印象の原因だと思う。

早く咲く種類の桜なのかピンク色の花が咲いていた。

7年振りの太平洋。

少し悪くなってきた天気のせいか、両側から突き出す陸地のせいなのか分からないが高台にいるのに遠くまで見渡しているという感じがしなかった。

釜石から国道45号線を北上、国道沿いに「ここまで津波浸水区域」という看板にビビりながら道の駅やまだへ到着。

缶コーヒー部的おみやげを入手する。

更に北上し当初の目的地、宮古へ到着。まず道の駅でトイレ休憩。

道の駅から浄土ヶ浜へ移動。

出発から8時間かけて冥土喫茶ビーチ...じゃなくて浄土ヶ浜到着。

海水はもう少し緑がかって透明感があったけれどカメラでは沼の水みたいのようにしか撮れなかった。

風が少し強いが雨は止んだので散策してみる。

黄昏れる同行人。

レストハウスから少し離れると沖に別の岩が見えた。

小さな隧道というのは要塞のようで気分が高揚する。

岩壁の上に見えるオマハ・ビーチの独軍陣地...じゃなくてパークホテル。

帰りは国道106号を西へ走り道の駅やまびこ館で休憩。

遠野風の丘から何も食べていなかったのだがレストランがまだラストオーダー前で助かった。

本日ラストの未知の道の駅区界高原(くざかいこうげん)。

売店は閉店しているのでトイレ視察のみで済ます。

雪を見て少し安心する。

同行者が意外にも道の駅雫石あねっこに行ったことが無いというので最後はそこで〆る予定だったが売店もやっていないのではということで盛岡市内を東西に抜ける県道をチェックして少し迷いながらも西和賀町を抜けて道の駅さんないへ到着。

合計9個の未知の駅のトイレコンプリートして知らない場所も行って大満足だが思ったよりも疲れたので体力が減ったなと思った。

 

ロードマップ『道の駅 旅案内 全国地図 平成28年度版』 (「道の駅 旅案内 全国地図」シリーズ)

ロードマップ『道の駅 旅案内 全国地図 平成28年度版』 (「道の駅 旅案内 全国地図」シリーズ)