読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

横手市内プチ観光

日記

今年の春から秋田市で働いている学生時代の友人が地元に遊びに来てくれたので一緒にプチ観光。

まずは横手駅にお迎え。東西通路が出来てから駅舎に入るのは初めてだったり。

もやしもんと絡めて観光誘致してるみたいです。

かもすなしwww

かもす(発酵する)ってイメージ的に「あめる」をイメージしてしまってあんまりよろしくない感じなのですけども。「あめる」というのは標準語で「(食べ物が)痛む」ときに使う秋田方言なのですが県外で一人暮らししていたときはほとんど自炊せずに外食で済ませていたので使用することのない言葉でしたが標準語で「痛む」と言うと知った時はなんだそれという感じでした。

梅雨時や夏場になって食べ物から怪しい臭いがしてきたら「これ、あめでねが?」「やっぱりあめでらでー、かれね(食べられね)」って言ってみてください(笑)

市内観光したいとのことでしたので夏場でもかまくらが拝めるかまくら館へ。

二重扉の内側にある冷凍室に。冬の格好をしてたけど氷点下はさすがに寒かったです。

暗くてブレてしまいましたがかまくらありました。

ちなみにかまくらは水神様を祀るためのものでただ雪を積んで中をくり抜いたというレベルのものではない(はず)です。

インサイド・オブ・かまくら。これでいつでも水神様を拝める〜

横手インター近くのふるさと村にいった後に横手城見学。中の展望台は11月いっぱいで今季の営業終了したようで雪まつりの時期まで入れないようです。

荒城の月。きれいな半月が出ていました。城は昭和40年に建てられた模擬天守ですが(笑)

横手川と遠くにぼんやりと鳥海山。ここから見ると本当に富士山という感じです。山形側からは見たことがないので今度ぐるっと鳥海山一周ドライブにでも行こう。

横手城の後は横手やきそば食べて駅で解散。

 それにしても20代の頃は郷土のことなど気にもしませんでしたが少し興味が出てきたのは歳を重ねたってことなんだろうか。

あなたの知らない秋田県の歴史 (歴史新書)

あなたの知らない秋田県の歴史 (歴史新書)