読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

2010年振り返り - 読書編

2010年印象に残った本など振り返り。


批判エントリーも上がっていたけれど無料を生かした商売は19世紀からあったとしてビックリ。お金を取れる部分を無料にしてはいけないんだろうけど。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略


原著を読んでいなかったのでアップデート版を読んだ。こちらもAmazonなどで起こった現象が説明されていて面白かった。

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)


6月くらいまではツイッター一色だったような気がする。

ビジネス・ツイッター 世界の企業を変えた140文字の会話メディア

ビジネス・ツイッター 世界の企業を変えた140文字の会話メディア


ツイッターノミクス TwitterNomics

ツイッターノミクス TwitterNomics


そして iPad & 電子書籍。騒がれたほどの展開はなかったけれど、これから少しづつ変わってゆくのだろう。

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)


書店で目に止まって購入したけどどちらも面白かった。

創るセンス 工作の思考 (集英社新書 531C)

創るセンス 工作の思考 (集英社新書 531C)


自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)

自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)


発表っていうのは笑いがあったほうがいいかな。印象に残らなくても。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則


表紙しか印象に残っていない!?そんなことはない。


組織っていうのは適材適所とメンバーのやる気を引き出すことが一番大事かなと思う。


通勤読書というのが無くなったので後半はSF三昧。
新訳版になってやっと読み終えられた。

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)


映画化されているものやそうでないもの。

すばらしい新世界 (講談社文庫 は 20-1)

すばらしい新世界 (講談社文庫 は 20-1)


ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)


時計じかけのオレンジ 完全版 (ハヤカワepi文庫 ハ 1-1)

時計じかけのオレンジ 完全版 (ハヤカワepi文庫 ハ 1-1)


アイ・アム・レジェンド (ハヤカワ文庫NV)

アイ・アム・レジェンド (ハヤカワ文庫NV)


流れよわが涙、と警官は言った (ハヤカワ文庫SF)

流れよわが涙、と警官は言った (ハヤカワ文庫SF)


新しい太陽の書シリーズ。

拷問者の影(新装版 新しい太陽の書1) (ハヤカワ文庫SF)

拷問者の影(新装版 新しい太陽の書1) (ハヤカワ文庫SF)


調停者の鉤爪(新装版 新しい太陽の書2) (ハヤカワ文庫SF)

調停者の鉤爪(新装版 新しい太陽の書2) (ハヤカワ文庫SF)


警士の剣(新装版 新しい太陽の書3) (ハヤカワ文庫SF)

警士の剣(新装版 新しい太陽の書3) (ハヤカワ文庫SF)


独裁者の城塞 新しい太陽の書 4 (ハヤカワ文庫SF)

独裁者の城塞 新しい太陽の書 4 (ハヤカワ文庫SF)

久しぶりに面白い漫画と遭遇。映画化もされるらしい(期待してはいけない?)

岳 12 (ビッグコミックス)

岳 12 (ビッグコミックス)


去年もそれなりに読書はしたけど、いつものように頭の中にはそれほど残っていなかったり。