読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

デジカメ操作メモ

日没後の明るい時間でも夕焼けをコンデジのオート設定で撮ろうとすると下の一枚目のように残念な感じになってしまう。そこでマニュアル設定にしてISO感度と露出補正をいじりながら撮影しているのだけど、その項目がなんなのかあんまり気にしていなかったのでメモ。

ISO感度

ISO感度 - Wikipedia
ISO(国際標準化機構)で策定された写真フィルムの規格。デジタルカメラではその規格相当の値。
高感度になるほど暗い場所での撮影がより早いシャッター速度で可能になる。

露出補正

裸になるということだけは分かるのだけど(違います


露出 (写真) - Wikipedia

写真技術において露出(ろしゅつ、英: exposure)ないしは露光(ろこう)とは、フィルム、乾板などの感光材料やCCD、CMOSなどの固体撮像素子を、レンズを通した光にさらすことである。現在のカメラでは通常シャッターの開閉により、これを行う。

露出=レンズを通して当たる光の量でいいのだろうか。途中の説明が全然理解出来ないのだが、この値をプラスマイナスすることが露出補正か。


オートで撮影。

露出時間:1/50、絞り:f/3.2、露出バイアス:1.00、ISO感度:400


ISO感度を100。明るく、というか白くなった。

露出時間:1/8、絞り:f/3.2、露出バイアス:1.00、ISO感度:100


ISO感度を200。オートとあんまり変わらない。

露出時間:1/60、絞り:f/3.2、露出バイアス:1.00、ISO感度:200



露出補正を-2/3に。肉眼で見ている空にかなり近くなった。
露出時間:1/60、絞り:f/3.2、露出バイアス:-0.67(-2/3)、ISO感度:200


夕焼けを取る場合はオート設定からマニュアルに切り替えて露出補正だけマイナスにすればいいんだろうか。


まぁ、こんなめんどくさい設定を簡単にいじれるようにしてくれた人達に感謝。