読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

街の本屋さんがこの先生きのこるには

ひらめき

痛いニュース(ノ∀`) : 街の本屋さんが悲鳴「パートに出たほうがまし」…アマゾンやブックオフの台頭で苦戦


Amazonで本を買うのが楽なのは欲しい本が決まっている時に探すという処理がほとんど無いこと。ネックは注文してから手元に来るまでの時間くらい、でも自分の場合すぐ手元に必要という場合は今のところほとんど無いので決定的な弱点にはならない。


だからネットで本を買うことを知ってしまうと実店舗で欲しいと思っている本を買うのが非常に面倒くさく感じるようになった。最近、レンタルビデオ(DVD)屋さんが閉店したが、ネットのレンタルサービスにとって変わられたのなら同じ理由なのかも知れない(DVDのネットレンタルサービスはまだ使ったことが無いので分からないけど)。


ここから下は部外者が本屋さんはこうなればいいんじゃないと思ったこと。

ネット購入時の店頭受取サービス

ネットで商品を買う時に面倒なのは配達の時間が読めないこと。家に家族がいる人は気にならないんだろうけど一人暮らしは不在通知→再配達(または配達所で受取り)でさらに受取るまで手間がかかることが多い(自分はそれが面倒なのでコンビニ受取を使っているけど)。


ネットで注文して会社や最寄の本屋さんで受取る。Amazonで在庫なしでも実店舗で在庫があれば入手可能になる。注文元に本の売上を収めないといけないけれど店舗にお客さんが来てくれるのは大きいんじゃないだろうか。

立読み屋さん

コンビニは立読み客が他の商品を買ってくれるかもしれないけど、本屋さんは本が売り物。それを無料で読まれて買わずに帰られるっていうのは泥棒されているようなものに近い。


なら立読みに入店料を取ったらどうだろうか。無料で気になった雑誌や本を読めて雨風をしのげて温度も調節されている。待ち合わせの時間つぶしなら本屋さんはすごい楽しい場所の一つ。ワンコイン分くらいならまあ払ってもいいと思うけどね。


もちろん本の購入が目的の人からは入店料分の割引とか次回無料券とか配ってまた来てもらえるように付加価値を付ければいい。

貸切ツアー

観光地に行くと一緒に歩いて説明してくれる人がいるけど本屋さんにも店員と別にその売り場の専門家や第一人者がいろいろと語ってくれるイベントをやる。


大きい本屋さんで定期的に著者が講演会やっているけど、地元の郷土本コーナーを強化してやるのが面白いんじゃない。地元にずっと住んでいる人が専門家で昔話してもらえばいいだけだし。

読書会

読む本と場所と告知etcは安く提供しますよみたいなイベント業。


別にふれあいなんかいらないよという人はネットで買えばいいわけだし、本を買う+アルファーを打ち出せる本屋さんが面白いんじゃないかな。

日本列島プチ改造論

日本列島プチ改造論