We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

天目指峠、刈場坂峠、正丸峠

松姫峠以来の1ヶ月ぶりの峠サイクリング。天気が悪かったりプログラミングをする時間に当てたり気分が乗らなかったりで思ったより自転車に乗っていなかった。


久しぶり過ぎてコンデジの電池を入れ忘れたのに気づく。前回はSDカードの入れ忘れで天目指峠の風景は携帯カメラでの撮影だったのでせっかくなので自宅に取りに戻る。幸先が悪い。


都立狭山公園から多摩湖に入ると最初の段差でへんな感じだったなと思っていると、後輪からの衝撃がだんだんカツン、カツンと硬い感じに変わったのに気づいて停まってチェックしてみるとスローパンク。再び幸先が悪い。

サンクス西武園店を過ぎてすぐだったのでコンビニの日陰でパンク修理。走ってたった11Kmでパンクだと心が折れる。


ハンドポンプで空気を入れたので多摩湖を反時計回りに回って様子をみる。大丈夫な気がしてきたので武蔵大和駅から折り返して狭山湖へ向かう。

狭山湖を走るMTB集団と遭遇。こういう道と自転車もちょっと楽しそうだ。


ズームして写した子供は登りきれなくてもう一回挑戦していたみたい。


岩倉街道、小曽木街道、成木街道を抜けて進むとメールを受信。

飯能市災害対策本部から避難指示情報というエリアメール。
やばいじゃんと思ったら一番最後に「これは訓練です」と書いてあった。やっぱり幸先が悪い。
通りかかったロードバイクの人を止めて情報を教えてから訓練ということに気付いた、嘘教えすみませんでした。
件名か冒頭に書いてくれ...orz


幸先が悪いことが重なりつつもなんとか小沢峠に到着。

torisan3000さんは小沢峠の近くでカモシカと遭遇したらしい。


名栗を抜けてから天目指峠を登る。路面はボコボコ、砂利があったりして下るのを考えると少し怖かった。

せっかくコンデジ持ってきたのに暗くてブレてる。やっぱり幸先が悪い。

吾野側からBD-1で登ってきた人と少し話す。ルートは自分と逆回りで山伏峠、正丸峠、刈場坂峠でまた遭遇するかもといって別れる。


天目指峠を吾野側に下って国道299号に出る。路面は名栗側と違い悪くは無かった。ブラインドコーナーと狭い道幅でそんなにスピードは出せないのだが。


国道299号をだらだら登って正丸トンネルの手前から刈場坂峠を登坂。前にも登ったがそのときは虚空蔵峠の看板までだったので初完走。


あいかわらず良い眺め。


こっちは刈場坂峠の途中から。もやであんまりはっきりは見えない。


自分が降りていく道が下に見えるが、松姫峠と違いすぐ下に見えるので怖いという印象はない。

天目指峠で出会ったBD-1の方とは正丸トンネルから1/3〜半分位の場所で再開再会しました。正丸峠を登っている途中くらいかなと思っていたので少し悔しい気持ち。


6Km程だらだら登って正丸峠に到着。こちらも遠くは霞んで見える。


小沢峠を登る前に往路で発見したタンク?(まだ使われているのかな?)がいい感じだったので帰りに撮影。


いろいろ幸先が悪かったものの久しぶりの奥武蔵グリーンラインを堪能して帰宅。

データ

走行距離:151.48 Km
走行時間:7h 35m 7s
平均速度:20Km/h
平均心拍:140 回/分
最大心拍:185 回/分