読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

松姫峠&Vittoria Open Corsa Evo CX(320TPI) インプレッション

松姫峠

松姫峠を小菅側から登った感想です。


鶴峠へ向かう交差点を過ぎると勾配10%前後の坂が続きましたが、そこをやり過ごすと「あれ、もう頂上?」と思うほど視界が開けましたが少し進むとより高い山が目前に現れました。。。orz


でも勾配は5%前後がダラダラと続くだけなので、登り始めの10%を体験したあとではゆるく感じました。
路面はひび割れで振動は多めです。


大月側への下りは深城ダムまでは路面も眺めもよくいい感じでした。
登りを楽しみたい(苦しみたい)という人には大月からの登りがお薦めだと思います。

Vittoria Open Corsa Evo2 CX

先週の雛鶴峠と昨日の松姫峠で新しいタイヤでのヒルクライムダウンヒルをしてきたわけですが、登りでもコロコロとよく転がると思うのですが、反面下りではスピード調整が少し難しいかなと感じました。


多摩湖から狭山湖に向かう道にもちょっとした下りがあるのですが、コーナーでのスピードが思ったほど落ちなくてちょっと怖いなと感じました。


後輪がすぐロックする訳ではないのでグリップはしているのでしょうが、そこらへんが前に履いていた Michelin Pro3 との違いかなと思います。


パンク交換でこのタイヤの着脱を初めて自分でやりましたが、固くてホイールに嵌めづらいという感触は無かったです。

松姫峠で出会った人々

一人は都内の方で大月から輪行、柳沢峠を抜けて塩山で泊まりの自転車旅行と言っていました、世の中はゴールデンウィークだったなと思い出されました。


もう一人は藤野在住の方で、いろいろと面白い・痛い話を聴かせていただきました。
道志みちの下りのストレートを70Km/hで下っているときに反対側の高校生に手を振ってしまって吹っ飛んだり、下りでタイヤが突然バーストして落車したとか、バッグパックはエアーバッグ代わりになるよとか終始苦笑いしながら聞いてました(- -;


後から登ってくるMTBの奥様は富士山ヒルクライムの最高齢出場者で、帰りは旦那様は都民の森、奥様は鶴峠から藤野に帰ると話していて夫婦揃ってすごい自転車乗りでした。