We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

30代無職の本音のようなもの

小惑星探査機「はやぶさ」、6月13日に地球帰還へ - Imamuraの日記」を読んでいたら1,000ブクマ超えている記事(クローズアップ現代10月7日放送「“助けて”と言えない〜いま30代に何が」書き起こし - Imamuraの日記)が目に留まった読んでみた。


自分が退職してすぐの日にこんな放送があったのかと思いながらボリュームの多さに途中から流し読み、せっかくだからはてブしておこうと思ったら既にはてブ済みで苦笑い。


さて訳あって無職になってから半年過ぎた訳だがこの先やっていけるだろうか、とても心配だ。多分、それが原因で日曜日くらいから体がとても重くて大変だった。


どうにもならない未来を心配してもしょうがないと気分は変わって昨日くらいからちょっと体が軽くなっている(そいういう意味で自分が好きな曲の威力は絶大だ)。


自分は昭和52年生まれでバブル崩壊期に中学校を過ごした世代、今見直すと日本の経済成長が停滞して総中流から格差の始まりへ放り込まれた世代なんだろうか、データとかチェックする能力ないのでよう知らんけど。


コネ・人脈を作るのも下手くそだし、世の中、世間、社会に助けてもらおうと思ったことが無いのは確かだ、恥の文化・自己責任の影響を受けすぎだろうか、わからない。


ただ前と同じような会社に戻ることは同じことを繰り返すようで躊躇している、よく分からないまま新しい生活の糧を得る方法を探している。