We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

Python 一人勉強会 - 第13章 while ループと for ループ

前回の7章から間があいてしまいましたがちゃんと読んでますよ。


人間がめんどくさがる繰返し作業こそコンピュータ/プログラミングの真骨頂ですよね。


面白いと思ったのは while と for の後ろに else が書けることでループの条件が真じゃなかった時に実行出来ること(但し、break したときは実行されない)

>>> a = 0
>>> while a > 0:
...     print a
... else:
...     print 'do else',
... 
do else
>>> while a == 0:
...     if a == 0: break
... else:
...     print 'do else'
... 


range関数も添字使いたいときに便利そうだった。
数字の範囲と1回のループで増える(減る)量も設定できる。

>>> for i in range(3):
...     print i, 'times'
... 
0 times
1 times
2 times
>>> for i in range(5, -5, -2):
...     print i,
... 
5 3 1 -1 -3


あとは zip 関数かな。

>>> L1 = [1, 2, 3]
>>> L2 = [10, 20, 30]
>>> for (x, y) in zip(L1, L2):
...     print x, ' + ', y, ' = ', x + y
... 
1  +  10  =  11
2  +  20  =  22
3  +  30  =  33