読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

ガラパゴス携帯で楽しむ foursquare

八苦(Hack)

位置情報を使った新しいサービスで foursquare というのが注目されていたので先週末から試しに使っています。
Foursquareのサイトに行くとiPhoneAndroid 携帯、BlackBerry しか使えないのかなと思っていたのですが、「ケータイでfoursquare - ガラケー(docomo、au、Softbank携帯)でチェックインできるモバイル版foursquare」というサイトがあって自分の D905i でもバッチリ使えました。(@hkk氏に感謝)

どんなサービス

位置情報を使ったサービスってはてなハイクでも id:khashi 作の Conohaメールで外出先の位置情報を投稿出来ていた。


こんなふうに。
自転車部 - ペリー公園なう!
はてなハイクで使ってみたい人は h:id:khashi に連絡とってみてください(本人許諾済み)。


foursquare も同じようなもんだと思っていた。


だから初めて位置情報を送った(チェックインした)ときはそれで投稿は完了したと思っていた。


実はもう1ステップあって、位置情報から表示される場所を選んで(あるいは新しく登録)、コメント(shout)する必要があった。それで初めて投稿が完了した。


あとでPCから行った場所のリンクを開いてみてと同じ場所でチェックインした人を知る。


あぁ、ソーシャルメディア(ネットワーク?)ってこういう事なのなと少しわかったような気がした。
それはまた別のエントリーで書こうと思います。

位置情報を投稿する意味の違い

はてなハイクでは主に自転車で行った場所(峠や公園)を投稿していたのだが、その場所にいったという情報でしか無い。


foursquare ではその情報を元にどのアカウント(人)が来たことがあるのか、メジャー/マイナーな場所なのかがわかったりする。


Twitter のつぶやき以上にリアルな感覚でつながりが出来る(投稿といっしょに場所と shout を Twitter に投稿することも出来る)。

出かけるのが楽しくなるサービス

自分が(徒歩|自転車|自動車|電車|飛行機)で行った場所をブログなどに記録しておくっていうのは2年前に自転車にハマってから楽しみの1つだった。


でもそうじゃない人には伝わらないかもしれないので別の書き方をしてみる。


小学生の頃、行動範囲は学区(市に合併された元の村の中)だけだった、中学生に入って市全体、高校生になって群全体になった。それでも部活動で県庁所在地の秋田市に行くときとかは知らない町に出かけて行く不安と緊張があった。


そんな中でTVや教科書などで見た場所に行ってみるとあの場所に来たよという感覚がわいた。


そんな気持ちを位置情報と一緒に記録しておくサービスって思っている。