We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

GitをMacPortsでインストール(Mac OS X 10.5.8/Leopard)

試しに作ったソースを公開してみようと思い立ち、id:khashiに相談してGitHubを選択。
まずは git をインストールする必要がある。


検索してみるとソース(tar.gz)からダウンロードしてインストールしている人もいるが、FreeBSD 譲りのパッケージ管理ツール MacPorts があるのでそちらを利用することにした。

MacPorts のアップデート

今使っているマシンで開発するなんて考えていなかったから、Macports ってここ1年放ったらかしだったので最新パッケージへの更新を実行。


久しぶりにガイドを参照すると MacPorts のコマンドをちゃんと理解していなかったことが判明、事の顛末はこのエントリーで(MacPortsで大失敗 - We All Get Old - Naskin Diary)


コマンドを理解して古いパッケージを更新を実行、tiff のアップデートで失敗する。

On Mac OS X 10.5, tiff 3.9.2 requires Xcode 3.1 or later but you have Xcode 3.0.
Error: Target org.macports.extract returned: incompatible Xcode version
Error: Unable to upgrade port: 1
Before reporting a bug, first run the command again with the -d flag to get complete output.

Xcode 3.1 以上が必要らしい。


検索するとApple Developer Connection(ADC) への登録が必要らしい。
アカウントを作成し最新版の Xcode 3.2 を30分程かけてダウンロード。


いざインストールしようとすると Snow Leopard でないとインストールできないというメッセージが出る。。。


気を取り直して再検索、「[Xcode]Xcode 3.1.2→3.1.4へアップグレード(Mac OS X v10.5) - Liquidfuncの日記」を発見する。


今度は Xcode 3.1.4 をダウンロード、Firefox のダウンロードウィンドウが残り30〜45分と表示されるので昼飯を買いにくなどして作業中断&気分転換。


昼飯後に作業再開、Xcode 3.1.4 をインストールし、再度 MacPorts のアップデートを実行すると tiff の Build が進み始めた。


gtk などいつインストールしたんだというようなパッケージのビルドが進むが、今度は libogg のソースのフェッチ(ダウンロード)で停止している。


コマンドを一旦中断し、ターミナルに表示されているダウンロード先のURLをブラウザでアクセスし、対象のファイルをダウンロード、/opt/local/var/macports/distfilesにtar.gz のファイルを置いて ports upgrade を再実行、ビルドがビルドがススム君。


無事、MacPorts のアップデートが終了、この時点で18時前後、日中をほぼこの作業だけに費やしてしまった。

Git-core のインストール

晩飯を食べてから Git のインストール作業に入る。


パッケージの検索を行うといろいろなものが表示される。

$ port list | grep -i git
GitX                           @0.7.1          devel/GitX
git-core                       @1.6.6.1        devel/git-core
qgit                           @2.2            devel/qgit
stgit                          @0.15           devel/stgit
amarok-devel                   @git-20090927   kde/amarok-devel
clojure-contrib                @git-20091102   lang/clojure-contrib
clojure-contrib-devel          @git-20091128   lang/clojure-contrib-devel
frei0r-plugins                 @1.1.22-git20090709 multimedia/frei0r-plugins
cgit                           @0.8.2.1        www/cgit

まあ、git-core 入れときゃ大丈夫だろうと思いインストール(github を使ううえで足りないものがあれば、都度やればいいし)、rsync など必要なパッケージが一緒にビルドされたけどあっさり終了。

$ port installed | grep -i git
  git-core @1.6.6.1_0+doc (active)

無事、git-core のインストールが完了。

追記

GithubのインストールヘルプSVNリポジトリのインポートが必要ならば以下のように「+svn」オプションを指定するように記載があった。

$ sudo port install git-core +svn