読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

ロニー・ウッドにハマった瞬間

音楽

昨日はキース・リチャーズの映像をいろいろ見ていたら自分にとって懐かしい映像が発見できたのでそちらについて書きます。


初めて動いているローリング・ストーンズを見たのはVoodoo Lounge ツアーのVHSビデオだけど、「Miss You」でのロニー・ウッドの演奏でさらにハマっていったのでした。


ボビー・キーズがサックスを演奏しているところに、こそこそと近づいていってサックスの音と絡みながらギター・ソロに続けていくところ(映像の5:25頃)。


鍵盤ハーモニカ、リコーダー以外の楽器を扱ったことが無かった当時、ギターってこんな音もだせるんだと思いました。


ローリング・ストーンズがSteel Wheels 以降ツアーを定期的に行う中で、「Miss You」という曲は2002-2003年のツアー以外でセットリストの定番に入っている曲だと思いますが、Voodoo Lounge ツアーの演奏が一番いいなあと思います。
(Voodoo LoungeツアーのMiss Youの他公演の映像がありましたが、ジョー・ロビー・スタジアムでの演奏はTV放映があったためかなり気合いが入っていたかもしれません)