We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

ロン・ウッド 自叙伝 第四章 Apprenticeship

バーズ解散までの第3章に続き、第四章 Apprenticeship を読み終える。

  • バーズ解散後、タイミングよくヤードバーズを脱退したジェフ・ベックとバンドを結成する
  • 駅前で歌っていたロッド・スチュワート、ロング・ジョン・ボルドリーにスカウトされる
  • 初めての舞台で緊張していたロッドにバンド仲間がアンフェタミン(中枢神経興奮剤)を飲ませたため、ロッドは同じ歌詞を歌い続け、最後は自分で作った歌詞で歌う。
  • ジェフとのリード・ギターは評判が良かったが、ジェフからベース担当を命じられる。
  • ジェフに自分のベースを持てと言われるが、資金がなくて店からベースを20年以上借りる。
  • ジェフ・ベック・グループの初めてのライブで停電が起こる。スモール・フェイセズのイアン・マクレガンが電源を抜いたとの噂が立つ。
  • フラワームーブメントの流行で、ジェフに花がいっぱいでスカーフを巻き付けた衣装を着せられる
  • ジェフ・ベック・グループで渡米、キーボードでニッキー・ホプキンスが参加。
  • 米国で数千人に増えた観客にライブ前に赤いベルモット酒を飲んで勢いをつける
  • 米ツアーでホームシックになる。ロッドと3分間、電話を共同でイギリスの彼女達に電話をかける
  • マネージャーのピーター・グラントにギターでニュー・ヤードバース(後のレッド・ツェッペリン)に参加しないかと誘われるが、2秒間熟考し断る
  • ジェフ・ベック・グループをドラマーと一緒に突然、解雇される
  • 運良くクリエーションのドイツ・ツアーに参加する
  • 前任のエディー・フィリップスのようにバイオリンの弓でギターを弾くことを要求される
  • ライブ中に絵を描くパフォーマンスをする
  • ドイツから帰るとジェフ・ベック・グループに復帰を望まれ、週2千ポンドを要求して認められる
  • ロッドとグルーピーと一緒に「Wood and Stewart Operations(ウッドとロッドの手術?)」して遊ぶ


キース・リチャーズ曰く嘘っぱちのようだけど、ニュー・ヤードバースとクリエーションでの
弓でギターを弾くこととライブ中に絵を描くパフォーマンンスが怪しい。