We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

3年で辞めた若者はどこに行ったのか - 昭和からの逃亡

昭和時代のように右肩上がりの成長が見込めない以上、
目の前に見えるのは将来の不安、絶望。


大企業へ入社して働くという人がうらやむ状態から外れて
新しい生活をしている人のインタビューから見えてくるのは
年功序列というルールに未だに縛られている日本企業と
新しい生き方のヒント。

昭和のレールはすっかり錆び付き、日に日に先細っていく一方なのだから。

この文を読んで思ったことは、今までの新しい考え方が必要なんだなと。
小さい頃漠然と思っていたように会社に入ってそこで仕事を頑張っていれば
普通の生活が出来るということが、全然常識ではないと。


昭和の習慣を捨てて、新しい価値観がはっきりしないのが
今、もやもやしている理由なんだろう。

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書)

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書)