読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

Ferrari 126C4(1984)

数年前のダイドー缶コーヒーのキャンペーンで入手した一品。
セナが F1 参戦する前後くらいのマシンでしょうか。
ボディにターボ時代のワイルド感が出ています。
リアタイヤ前方のウィングのゴテゴテ感は今の F1 マシンに通じるものを感じます。

以下、パッケージより

126C4

2 年連続コンストラクターズ・タイトルを獲得したフェラーリが 1984 年シーズン用に送り出したのが 126C4 だった。しかし、ライバルたちの進化に追い付けず、さらにマシーンの信頼性が低く、タイトル争いに加われないでいた。勝利はこの年から起用されたミケーレ・アルボレートが、ベルギー GP で 1 勝を挙げるに留まった。

F1-Story/1984

混乱の中で 2 年連続コンストラクターズ・タイトルを勝ち取ったフェラーリは、新体制で 1984 年シーズンに挑む。ティフォジ期待の久々のイタリア人ドライバー、アルボレートが招かれ、ルネ・アルヌーとコンビを組むことになる。シーズンが始まるとラウダ、プロストを擁すマクラーレン TAG が異なる次元の速さを見せ、16 戦中 12 戦を制する。フェラーリは、戦闘力が低く、なおかつ信頼性に欠けるマシーンを改良しながら、コンストラクターズで 2 位、ドライバーズ・ポイントではアルボレートが 4 位、アルヌーが 6 位に入るのが精一杯だった。

Technical Specifications

全長 : 4115mm
全幅 : 2125mm
全高 : 1080mm
ホイールベース : 2600mm
トレッドF/R : 1786/1665mm
車両重量 : 540kg(冷却水、潤滑油を含む)
エンジン形式 : 水冷 120°V型 6気筒 DOHC 4バルブ、ギヤ駆動
総排気量 : 1496.43cc
最高出力 : 660bhp/11000 rpm
連量供給 : ルーカス・フェラーリ製電子式インジェクション + ターボ
トランスミッション : 横置き 5速 + Rev.
シャシー : ケブラー + カーボンファイバー・モノコック
ホイール : F 12.5-13/R 16.5 X 13
タイヤ : F25.0-9.0-13/R 26.0-15.0-13/グッドイヤー