読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

Ferrari 312T(1975)

数年前のダイドー缶コーヒーのキャンペーンで入手した一品。
ずっと積んでいたので組み立ててみました。
自分が生まれる前のマシンでした。
昔のファッションを見ているようでやはりださく感じてしまいます。



以下、パッケージより。

312T

年を追うごとに戦闘力を高めてきた 312B は、新にコンパクトで重量配分に優れる横置きギアボックスを採用した 312T2 へと進化する。巨大なインダクション・ポッドが特徴の 312T は 1975 年第 3 戦南アフリカ GP から投入され、前年スクーデリア入りしたラウダの確実な走りにより、1964 年以来のダブルタイトルを勝ち取る。

F1-Story/1975

1974年にティームに加わった新人ニキ・ラウダの才能と、確実に進化を続けるマシーンを得たスクーデリア・フェラーリは、再びチャンピオン争いに加われるようになっていた。またエンツォ・フェラーリの命で、ティームのマネージャーとして起用された若き日のルカ・モンテゼモーロ(現フェラーリ社社長)の采配も忘れることはできない。すべての歯車が完全にかみ合ったティームは 14 戦中 6 戦を制し、地元イタリア GP で見事ワールド・チャンピオンを決める完璧さを見せつけた。それはフェラーリにとって 1964 年以来求め続けていた栄光の座である。

Technical Specifications

全長 : 4143mm
全幅 : 2030mm
全高 : 1275mm
ホイールベース : 2518mm
トレッドF/R : 1510/1530mm
車両重量 : 575kg(冷却水、潤滑油を含む)
エンジン形式 : 水冷 180°V型 12気筒 DOHC 4バルブ、ギヤ駆動
総排気量 : 2991.801cc
最高出力 : 495bhp/12200 rpm
連量供給 : ルーカス製インジェクション
トランスミッション : 横置き 5速 + Rev.
シャシー : 鋼管 + アルミ・パネル・セミ・モノコック
ホイール : F 10-13/R 17/18-13inch
タイヤ : F9.2-20.0-13/R 16.2-26.0-13/グッドイヤー