We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

Inspiration

1999年4月から仕事を始めて半年後の10月。
はじめて Unix(Solaris)なるものを触ることになった。
TeraTerm 立ち上げて別のコンピュータへログインして
文字しか表示されない画面だった。
特に Vi エディターなるものはコマンドモードと入力モードなるものが存在し
カーソルキーで変な文字入力されて戸惑った。


先輩から Unix の入門本を借りていろいろ試すようになった。
カレンダー表示(cal)、バナー文字表示(banner)、ファイル差分表示(diff)したりして
だんだん慣れていった。そして Unixはまっていった*1


仕事も C言語のプログラムいじる必要があり、学習環境が欲しいと思っていたら
PC にインストールが出来て、無料で配布されている Unix 系OS があることを知り、使い始めた*2
Web、DNS サーバ立てたり、ファイヤウォール、NAT 環境作ったりしていくうちに
シェルスクリプトの書き方も身についていった*3


なんでこんなにはまってしまったか。どんなところに魅力があるのか。
それはこうだと思っている。
Windows95 からコンピュータを使い始めたので DOS プロンプトを使ったことが無い
 → CUI(Command Line Interface)が新鮮だった。
Unix の考え方、小さなプログラムを結合して仕事をする。
 → ファイルの中身を表示する、文字列を抜き出す、置換するといった小さな仕事をする
   プログラム(コマンド)を|(パイプ、縦棒)で出力を次のコマンドに渡して必要なデータを作る。
・Windows PC が使えない
 → 何人の使われた PC は OS 再インストールしてもなんかヘタリ癖がついていて
   一日中使っていると 95/98 はよくブルー画面がデータが飛んだ*4


これから仕事で Unix系OS(SolarisHP-UXLinux、*BSD)使いはじめる人たちへ。
GUIじゃないインタフェースは最初は使いずらいかも知れませんが
Unix コマンドを組み合わせられるようになるとテキスト編集が凄く楽になりますよ。


もっと興味がある人へ。
フリーの Unix 系OS は自宅PC にもインストール可能ですぐ使い始められます*5
仕事で困っても家の環境ですぐ確認できます。
仕事でさせてもらえない興味のある技術も家で試すことができます。
ハードウェアとネットワーク代以外はほぼ無料です。
学習するなら自宅にPC-Unix を導入しない手はありません。

Let's Hack!

*1:Windows マシンがよく固まって使い物にならなかった

*2:何故か Linux ではなく FreeBSD を選択していまい本流から外れる

*3:職場に凄いFreeBSD使いの先輩がいたのも大きいだろう

*4:Windows2000 くらいからまともに使えるようになった

*5:X Window System 使わなかったらかなり古いPCでも使えるはず