読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

アルゴリズム、設計

蔵書

もう一度読むかもと思って手元にある書籍 〜 アルゴリズム・設計 〜

構造化分析とシステム仕様―目指すシステムを明確にするモデル化技法

ここでもデマルコ先生登場。
構造化分析ってオブジェクト指向っていう言葉が氾濫して古いように思えるが
情報の流れを整理するのに大変役立った。
コンピューターっ出来ることっていろいろあるけど
結局、「入力→変換→出力」は変わらないと考えているので
ここを抑えておけばOK!?


定本 Cプログラマのためのアルゴリズムとデータ構造 (SOFTBANK BOOKS)

多種多様のアルゴリズムが記載されていてサンプルコードを
いろいろ書いたが、普段使わないため忘れつつある。。。


プログラミング作法

「第一章 スタイル」だけでも読む価値あり。
以降の章もプログラミング改善のヒントが特盛りだが
うまく役立てれていない。


オブジェクト指向開発の落とし穴

「ピープルウェア」、「人月の神話」でのデスマーチが、C++/オブジェクトDB を
使用していたので購入。なぜか売却せずに残ってある。
何を使おうが使いこなせないと逆にダメージを受けると。


オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン

購入すること数年、積まれたまま。
「4.4 BSD の設計と実装」以上に眠くなる本。