We All Get Old - Naskin Diary

Yet Another My Life On The Web

模型

模型関係の新しいブログを始めました

模型関係のネタは今後こっちのページで行います。 SQ素人プラモデルブログ 他のブログサービスを使ってみようかなと思ったけど写真のアップロードとかを考えるとフォトライフからばりばり貼りつけてくのに慣れすぎて楽なので結局はてなダイアリーにしてしま…

ヤークトパンサー(1/48 タミヤ) - 1 -

連結履帯を組み付けて車体下部がほぼ完了。 車輪・履帯内側は塗装済みだけど履帯外側は組み立ててから塗る順番でやってみることにした。 今まで履帯はフラットブラックで塗っていたけど今回はダークアイアン(履帯色)で塗ってみた。 こげ茶色にうっすらとメタ…

Me262 A-1a(1/48 タミヤ) 作成記録 - 完成 -

やっと完成。塗装・マーキングは<第7戦闘航空団第III飛行隊第9中隊所属機>ハンス・グイド・ムトケ士官候補生搭乗機(1945年4月 フュルステンフェルトフルック*1 )...長い。 どうせ見えなくなるんだろうと思いながら作っていたけど結構丸見え。ちゃんと塗っ…

Me262 A-1a(1/48 タミヤ) 作成記録 - 5 -

長らく作業が止まっていた Me262 を箱から出して作業再開。 作業が止まっていたのは総統に「この戦闘機に爆弾搭載出来るよね」と問われ戦闘爆撃機型への改造を試みていたわけではなくピトー管をつけると箱に入らなくなるという問題のせい。その問題もケース…

零式小型水上偵察機(1/72 フジミ) - 完成 -

機体とフロートを組み上げて無事に零式小型水上偵察機が完成しました。 説明書によると マーキングの詳細は胴体、翼に日の丸が付いていたこと以外は不明ですが、他の潜水艦搭載機から推測すると垂直尾翼、胴体に機番はなく、主翼上面、日の丸のフチは濃緑色…

零式小型水上偵察機(1/72 フジミ) - 3 -

白いプラスチックをひたすら暗緑色で塗って機体完成。 発動機もいい感じです。 フロートの線はデカールあったけど塗装で処理。 線の幅や間隔が歪なのは目の錯覚です。たぶん。

ヤークトパンサー(1/48 タミヤ) - 0 -

零式小型水上偵察機が形になってきたので次に作る模型を購入。ヤークトパンサーって書いてあるけどロンメルです(えっ ダウンフォースが発生しそうな形状...じゃなくて豹戦車の車体に虎の牙がかっこいいですね。 キングタイガーを作り終えた時に次に作ろうか…

零式小型水上偵察機(1/72 フジミ) - 2 -

機体・フロートの組み立て完了。 発動機を付けてないけどフロートと胴体の長さがほぼ一緒。 まぁ、そんなもんか。 発動機もカウリング・排気管を接着して機体に接着するのみ。 付属のカタパルトも組立て完了。 大きさ的にはカタパルトのおまけが飛行機。

零式小型水上偵察機(1/72 フジミ) - 1 -

3号戦車N型の次は 1/72 零式小型水上偵察機(フジミ)を作ります。 二肢プロペラ、ぼこぼこなカウリングと見た目は微妙ですが実は潜水艦から発艦して偵察を行う凄い奴。アメリカ本土も爆撃しちゃったりしてる名機です。独逸が80cm列車砲を作るなら日本は潜水艦…

3号戦車N型(1/48 タミヤ) - 完成 -

ウォッシング、スミ入れ、泥汚れなどを表現して3号戦車N型が無事完成。 塗装・マーキングは「第2戦車師団 第3戦車連隊所属車両 1943年 オリョール」。 シュルツェンがあると雰囲気が変わりますね。戦国時代の鎧を付けた足軽のような感じ。 大きさはタバコ箱…

3号戦車N型(1/48 タミヤ) - 3 -

車体色を塗り終えたので説明書を参考にダークグリーンの帯を車体に書き入れる。 砲塔も迷彩まで塗り終えたのでシュルツェン無しの車体としてはほぼ完成。 アンテナケース・クリーニングロッドなどはシュルツェン取り付け後に接着する手順。 砲塔右側ハッチの…

3号戦車N型(1/48 タミヤ) - 2 -

車体と車体シュルツェンのパーツの合いを確認したのでジャッキなどの装備品を塗装・接着。 車体も全体をダークイエローで塗装。 戦車の方が手馴れているせいか航空機よりも作業が早いような気がする。スケールのせいもあるかもしれないけど。

3号戦車N型(1/48 タミヤ) - 1 -

3号突撃砲B型に続いて作るAFVは同じ24口径75mm砲を搭載した3号戦車N型。 これを選んだ理由としてはシュルツェン付き戦車を作ろうというのがあって武装はたまたま一緒だっただけ。 車体は泥汚れ感を出すためにフラットアースなどで塗装。 シュルツェンで見え…

Me262 A-1a(1/48 タミヤ) 作成記録 - 4 -

機体と主翼を接合しやっと飛行機の形にして残りの胴体の塗装を開始。 主翼以降の迷彩パターンにいまいち納得できなくて作業が滞り気味。 尾翼周りもいつの間にか帯状の迷彩になってしまってドイツ機っぽくない感じに。 あとは風防、細かいパーツ、ウォッシン…

Me262 A-1a(1/48 タミヤ) 作成記録 - 3 -

実機の写真を参考にしながら主翼を塗装してみた。 濃い方の緑の指定色はダークグリーン(一番奥の色)で塗ってみたけどもう少し暗い色っぽい気がしたのでつや消しブラックをダークグリーンに混ぜて塗ってみた(中央の色)がちょっと赤みが足りない感じになった。…

Me262 A-1a(1/48 タミヤ) 作成記録 - 2 -

説明書の通りに進めると機体の左右パーツの接着なのだがこれをやってしまうと作成途中で前脚を破損してしまうのではないかと思って主翼他を作成することにした。 ジェットエンジンの航空機のプラモデルを作ったのってF15、A10サンダーボルト2、ハリアーくら…

Me262 A-1a(1/48 タミヤ) 作成記録 - 1 -

まずは説明書通りに操縦席周りの作成から着手。 Wikipedia の Me262 の写真を参考に計器パネルを作成。右側のメーターは白・赤・オレンジを縁に着色。中央のメーターは白いラインを賭けそうにないので素直にデカールをメーター毎に貼付け。左の2つのメーター…

Me262 A-1a(1/48 タミヤ) 作成記録 - 0 -

三号突撃砲の次に作る模型はジェット戦闘機Me262 A-1a。WW2のゲーム(アドバンスド大戦略など)では四号戦車F2型(G初期型)、ティーガー、パンター、Fw190と並んで登場が待ち遠しい兵器の一つ。 中学・高校時代の1/48傑作機のラインナップって零戦・雷電・疾風…

三号突撃砲B型(タミヤ、1/48) 作成記録 - 完成 -

初めての冬季迷彩に挑戦して三号突撃砲B型が完成。 デカールは第192突撃砲大隊14号車 1941 東部戦線。 現地調達した塗料で冬季迷彩に改造したということで車体はジャーマングレーのままという設定。 足回りの汚れは雪がついてとけてを繰り返した後ということ…

三号突撃砲B型(タミヤ、1/48) 作成記録 - 2 -

砲塔もないしサイズも小さいので塗装もサクサク進んで一部の車外装備品を残して車輌自体はほぼ完成です。 三号突撃砲は長砲身も含めて何回か作っているから形自体におぉーとなることは少ない。 ここから少し新しいことに挑戦です。上手くいくといいけど。

三号突撃砲B型(タミヤ、1/48) 作成記録 - 1 -

キングタイガーと比べると転輪など細かいので手間がかかるかなと思ったけどあっさりと車体下部完成。 車体にはフェンダー薄くしたり穴開けたりお金のかからない改造を実施。 丸い穴の方は断面が肉厚に見えるからもう少し削るか。 作りながら思いましたが長砲…

飛燕 I型丙(1/48、ハセガワ) 作成記録 - 完成 -

20mm機関砲、ピトー管、アンテナと折れやすい部品を気にしながら飛燕 I型丙が完成しました。 Ju87での失敗を乗り越えて忘れてマイベスト塗装な感じで完成です。 塗装は「飛行第244戦隊 戦隊長 小林照彦大尉乗機 調布飛行場 1945年1月」。 Wikipedia の写真も…

飛燕 I型丙(1/48、ハセガワ) 作成記録 - 4 -

主翼と胴体の隙間は流し込み接着剤で無くなっが左主翼と胴体の間に0.5〜1mmくらいの段差が出来てしまったので少しパテを盛って修正(モールドを傷つけて終わっただけかも カッコいいモールドの12.7mm機銃が付いているけど今回作る機体では未使用。 機銃口はパ…

三号突撃砲B型(タミヤ、1/48) 作成記録 - 0 -

キングタイガーの後に次にAFV作るならロンメ...じゃなくてヤークトパンターかな〜という気分だったんだけどカタログを物色していたらなんかこれになった。 長砲身化する前のドイツ戦車が好きかというとそういわけでもないし、この車輌で惹かれるポイントって…

飛燕 I型丙(1/48、ハセガワ) 作成記録 - 3 -

機体色のシルバーをひたすらギンギラギンにさりげなく塗り塗り。1/72 のあとに 1/48 作るとやっぱり大きい。 タミヤの水性アクリルなのでクロームシルバー塗るのがいいんだろうけどフラットアルミの方が塗りやすい気がするのでそっちを使ってみた(銀粒子が細…

飛燕 I型丙(1/48、ハセガワ) 作成記録 - 2 -

操縦席周り完了。 計器盤はデカール付いていたけど凹凸があるのでドライブラシで処理。 機体接着前はこんな感じ。 指定の機内色はサンディブラウンだけどダークイエローにレッドブラウンを少しだけ混ぜた色で代用。 操縦席横の部品の色は説明書に指定されて…

飛燕 I型丙(1/48、ハセガワ) - 1 -

Ju87 の挫折から立ち直って次の模型に着手した。タミヤ以外の模型は本当に久しぶりだ。 零戦と水上機、ドイツ機は作ったことあるけど陸軍機って興味をひかれる入り口があんまりなかったので初めての帝国陸軍機模型でもある。 穴を開けて下さい、穴を埋めて下…

Ju-87 G-2(タミヤ、1/72) 作成記録 - 終了 -

完成、、、じゃなくて終了。 原因は折れたアンテナ...ではない。 クリア部品のアフターパーツ届いて後は組み込むだけだったんだが部品の接合を確認していたら主翼の中にはめ込むはずの部品が入っていって取れなくなった\(^o^)/ あああああ 排気管とか自分…

Ju-87 G-2(タミヤ、1/72) 作成記録 - 3 -

別進行で塗装してた水平尾翼、主脚、対戦車砲を組み込んで形になってきました。 この時点でアンテナとピトー管は未塗装。 左側だけウォッシング。黄色の帯が落ち着きますね。 順調に行けば完成だったんですが翼に組み込むクリアパーツをランナーごとゴミに出…

Ju-87 G-2(タミヤ、1/72) 作成記録 - 2 -

操縦席を組み終わったので機体の塗装へ。 翼と胴体の下面をXF-23ライトブルーで塗装。 迷彩の境界をマスキング。 ここまでマスキングしたのって初めてだったりする。 土色?(XF-52フラットアースとXF-26ディープグリーンを2:1で混合)を先に塗る。 目分量で混…